千葉での葬儀の弔辞を読む準備

千葉での葬儀の弔辞を頼まれたら、どんな内容、構成にするとスマートなのでしょうか。

あらかじめどんな内容にしようか考え、まとめる中で構成上のポイントをまとめてみます。

忌み言葉などが入らないように、一度書いたものを読み返すようにするといいでしょう。

千葉の葬儀で弔辞をのべる場合には、最初に故人に対して哀悼の意を表します。

惜しい人を失くしたということで、生前のエピソードなどを交えながら、どのようにお世話になったか、どんな教えをいただいたかなどを続けます。

故人の人柄、生前の仕事などの功績を伝えるように話すといいでしょう。

また、恩師や先輩にあたる方にはその教えを踏まえて今後自分がどのように仕事に向かうかなども一言添えるといいでしょう。

弔辞は故人への言葉ですから、落ち着いた声ではっきり話します。

弔辞をのべる時には、司会の人に名前を呼ばれたら、弔辞を持って遺影の前まで行きます。

宗教家に一礼し、遺族にも一礼します。

その後遺影に一礼します。

上包を開き台の上に置くか、左手の方に持ち、巻紙を開いて読みだします。

まず「弔辞」と一言言ってから読み始めます。

読み終わりには折りたたんでまた上包紙に包み、祭壇に捧げ一礼します。

僧侶、遺族の順に一礼して席へ戻ります。

上手な弔辞よりも心のこもった弔辞は参列している人の胸に響きます。

自分と故人との関係が伝わるのだと思います。

それまで接してきた中で忘れることのできないエピソードを織り込むと、故人の生前の姿がわかりやすいです。